HOME


◆第16回総会・平成29年度第1回経営研究会が開催されました(7月11日)
平成29年7月11日(火)、法曹会館(千代田区霞が関)に多数の協議会関係者を集め、バイオガス事業推進協議会の第16回総会が開催されました。また、当日は引き続き同会場にて、平成29年度第1回バイオガス事業経営研究会および懇親会も開かれ、名古屋大学大学院環境学研究科の高村ゆかり教授(写真右)による基調講演のほか、農林水産省、資源エネルギー庁、環境省、国土交通省の担当官より、バイオガス事業をめぐる最新の行政動向などが報告されました。  
  開催案内はこちら

◆「第2回国際バイオマス発電展」に出展・講演を行いました(3月1日〜3日)
平成29年3月1日(水)〜3日(金)、東京ビッグサイト初開催された「第2回国際バイオマス発電展」にブースを出展するとともに、展示ゾーン内のセミナー会場で「中小型バイオマス発電導入セミナー」では、2日間(3月1日(水)・2日(木))にわたり、協議会関係者や会員企業関係者が講演・情報提供を行いました。  
開催案内はこちら

平成28年度第2回施設視察会が開催されました(2月14日)
平成29年2月14日(火)、多数の協議会関係者を集め、平成28年度第2回施設視察会が開催されました。訪問先は、2015年10月から宮城県南三陸町で稼動しているバイオガス施設「南三陸BIO(ビオ)」で、南三陸町内から排出される生ごみ・し尿処理汚泥等から、液肥、電力を創出するリサイクル工場です。施設関係者等から貴重な情報提供が行われました。  
開催報告はこちら

◆平成28年度第1回施設視察会が開催されました(10月17日〜18日)
平成28年10月17日(月)〜18日(火)の2日間、北海道内(帯広市、鹿追町、士幌町)において、多数の協議会関係者を集め、平成28年度第1回施設視察会が開催されました。初日は帯広市豊西牧場、鹿追町環境保全センター、鹿追町瓜幕バイオガスプラントの3施設、2日目は士幌町の大木牧場と佐々木牧場の2施設を訪問し、各施設のガス発電・売電や液肥利用の状況などを中心に運営状況の視察を行いました。  
開催報告はこちら

「第1回関西バイオマス発電展」に出展・講演を行いました(9月7日〜9日)
平成28年9月7日(水)〜9日(金)の3日間、にインテックス大阪で開催された「第1回関西バイオマス発電展」に、バイオガス事業推進協議会のブースを出展し、会員市町村・会員企業がPR展示を行いました。また、展示ゾーン内のセミナー会場で行われた「中小型バイオマス発電導入セミナー」では、3日間にわたり協議会会員・関係者が技術PRを行ったほか、9月8日には佐々木稔納・協議会会長が基調講演を行いました。  
展示用パネルはこちら

◆「バイオガス事業の栞 −平成27年度版−」を作成しました
バイオガス事業推進協議会ではこのたび、バイオガス事業の仕組みや実施の流れ、全国のバイオガスプラントの立地状況、協議会会員自治体・会員企業が運営や施設整備に関わるプラントの紹介などを1冊にまとめたパンフレット「バイオガス事業の栞 −平成27年度版−」を作成しました。協議会会員の皆様のPRや協議会活動のアピールにお役立ていただければ幸いです。
「バイオガス事業の栞 −平成27年度版−」はこちら




●バイオガス事業推進協議会について
本協議会は、バイオガス事業の導入推進に向けて、成功事例の普及や技術情報の収集・伝達、課題解決に向けた調査検討、意見交換などを行うため、自治体、事業者、学識経験者及び関係者によって平成14(2002)年10月に設立されました。バイオガス事業推進協議会の設立目的や組織などをご紹介します。
「協議会について」のページへ
「協議会PR用リーフレット」

●バイオガス事業推進協議会の活動
協議会会員やバイオガス事業に関心のある一般参加者なども対象とした講演会や視察見学(バイオガス事業経営研究会)、バイオガス事業に取り組む会員市町村の首長が一堂に会しての意見交換や国への提言活動(バイオガス市町村長懇談会)など、バイオガス事業の普及・推進をめざす活動を積極的に展開しています。
「行事・活動案内」のページへ

●入会案内
バイオガス事業推進協議会では、有機性資源によるバイオガス事業に密接な関わりがあり、かつ、本協議会の目的にご賛同いただける団体・法人、個人の入会を受け付けています。バイオガス事業推進協議会の入会方法をご紹介します。
「入会案内・会員」のページへ




「バイオガス」とは、生ごみや家畜排泄物、食品加工残渣、各種汚泥などの有機性資源(バイオマス)を原料として、メタン発酵によって生産されるガスのことで、化石燃料に代わる、環境にやさしい再生可能なエネルギーです。このバイオガスは発電や熱供給の燃料として、発酵工程の副産物である消化液は堆肥・液肥(肥料)として活用できるなど、多彩な用途を備えています。地域においてバイオガスの循環利用を図る「バイオガス事業」は、省資源・環境負荷低減、循環型社会の構築という環境的側面だけでなく、廃棄物処理費用の軽減、堆肥や電気等の販売による収入、バイオマスを通じた地域活性化といった経済的波及効果、事業の実施を通じた地域コミュニティの維持・強化という社会的効果など、持続可能な地域社会の形成に大きく貢献します。
「バイオガス事業の栞」
「バイオガス事業の栞」(外部サイト、電子ブック)




●国の機関(バイオマス関連7府省)

内閣府
総務省
文部科学省
農林水産省
経済産業省
環境省
国土交通省


●関連団体(協議会会員・50音順)

公益財団法人 京都高度技術研究所
一般社団法人 全国清掃事業連合会
公益社団法人 全国都市清掃会議
一般社団法人 地域環境資源センター
一般財団法人 畜産環境整備機構
一般財団法人 日中経済協会
一般社団法人 日本有機資源協会
公益社団法人 農業農村工学会




2017/08/18 「トピックス」更新しました
2017/08/09 「協議会についてページ」更新しました
2017/08/09 「入会案内・会員ページ」(会員名簿等)更新しました
2017/07/11 「協議会ニュース」更新しました(第16回総会・平成29年度第1回経営研究会開催報告)
2017/07/11 「行事・活動案内ページ」更新しました
2017/03/06 「協議会ニュース」更新しました(第2回国際バイオマス発電展出展報告)
2017/02/21 「協議会ニュース」更新しました(平成28年度第2回施設視察会開催報告)
2017/02/16 「会員専用ページ」更新しました
2016/12/19 「協議会ニュース」更新しました(平成28年度第1回施設視察会開催報告)
2016/09/10 「協議会ニュース」更新しました(第1回関西バイオマス発電展出展報告)
2015/10/23 「協議会ニュース」更新しました(「バイオガス事業の栞 −平成27年度版−」作成案内)
2014/09/29 ホームページをリニューアルしました




●会員・関連団体・地方自治体等からの告知・報道発表
2017/08/17 「平成29年度NEDO新エネルギー成果報告会」(9/19〜9/22)の開催(NEDO)
2017/08/04 「農林漁業バイオ燃料法に基づく生産製造連携事業計画」の認定について(農水省)
2017/08/03 農業集落排水施設と連携した「小規模メタン発酵実証地区」を募集します!(JARUS)
2017/07/10 バイオマスエネルギーの地域での利用拡大を促進(NEDO)
2017/06/15 小型メタン発酵プラントの実証化試験を開始します!(静岡県)
2017/06/14 メタン発酵技術アドバイザー養成研修(10/10〜10/12)受講者募集中(JORA)
2017/06/14 バイオマス活用アドバイザー養成研修(9/4〜9/7)受講者募集中(JORA)
2017/03/30 「下水処理場における地域バイオマス利活用マニュアル」を策定しました(国交省)

●NEWS PICK UP(最近のメディア報道等から)
2017/08/16 ガザの生ごみを燃料に 日本人主催ビジネスコンテスト(時事通信)
2017/08/14 埼玉県中川流域中川水循環センター向け国内最大級の鋼板製消化タンク受注(月島機械)
2017/08/09 荏原実業 生物脱硫装置を拡販(化学工業日報)
2017/08/06 真庭のバイオ液肥スタンド人気 無料配布で資源化を手軽に実感/岡山(産経ニュース)
2017/08/04 牧草、汚泥利用 バイオマス発電所地鎮祭/北海道別海町(釧路新聞)
2017/08/04 焼酎かす、うどん、豆腐で一石三鳥 食品廃棄物を使うバイオガス発電が活況(日経ビジネス)
2017/08/01 佐賀市バイオマス事業 3年遅れ24年度操業(佐賀新聞)
2017/08/01 バイオマス発電を日本で普及させるための4つの課題(Newswitch)
2017/08/01 大田区のリサイクル場が発電所に、食品廃棄物でバイオガス発電(ITmedia)
2017/07/30 香川県「うどん発電」で廃棄麺を有効活用(7/30 IRORIO)
2017/07/29 生ごみリサイクル検討開始 循環型社会構築目指す/沖縄県石垣市(八重山毎日新聞)
2017/07/26 食品廃棄物の飼料化とバイオガス発電の複合プラントを竣工(三井造船)
2017/07/26 国内最大の複合バイオガス発電、メガソーラー併設/愛知県豊橋市(日経テクノロジー)
2017/07/22 小型メタン発酵プラント 実験開始 県工技研・清水区の食品工場/静岡(中日新聞)
2017/07/20 インドに「牛ふんバス」登場 燃費は天然ガスの1.5倍(朝日新聞)
2017/07/12 木質バイオマスガス化発電設備市場に本格参入(三機工業)
2017/07/12 鶏ふんや食品加工かすでバイオマス発電、北海道と三重県で事業性評価(ITmedia)
2017/07/11 神戸市の全処理場がバイオガスを活用、下水汚泥が再生可能エネルギーに(ITmedia)
2017/07/04 神戸市玉津処理場消化ガス発電事業の基本協定締結について(神鋼環境ソリューション)
バックナンバーはこちら





Copyright (C) 2014 Biogas Process Council All rights reserved.